大分県豊後大野市緒方町馬場「豊後大野市民病院」
大分県豊後大野市緒方町馬場「豊後大野市民病院」
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
豊後大野市民病院サイト内検索
〒879-6692 大分県豊後大野市緒方町馬場276番地 電話番号 0974-42-3121(代表)FAX 0974-42-3078

看護部・各職場の紹介

看護部長室

看護部長室紹介

看護部長室のメンバーは、看護部長1名、副看護部長2名、事務助手1名の4名です。副看護部長の山本真由美は、教育・研修・退院支援に関する担当をしています。副看護部長の後藤幸代は、医療安全・業務に関する担当と手術部師長を兼務しています。事務助手は、出勤簿、休職者等の整理、看護部関連の資料データ等の事務整理を担当しています。
看護部長室には毎日沢山の方が課題や相談のために訪れますが、看護部長室は一丸となって、看護師長をはじめとした全看護職員の支援をしたいと日々頑張っています。職員の皆さんがいつでも相談できるようにドアは開放していますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

1病棟

1病棟紹介

1病棟では急性期治療が終了後、病状は比較的安定しているものの、引き続き医療的なケアや病院での療養が必要な患者さんを対象にご利用頂く療養病棟です。在宅復帰を目指す方、施設入所を待つ方、あるいは終末期を迎える方等が、医療的状態管理をしながら療養生活を送っています。『心の安らぎと、安全で快適な療養生活を提供する』をモットーに、医師・看護師・介護士・リハビリ等多職種で連携し、患者さんにとってより在宅生活に近づいたケアを目指し看護、介護を提供しています。患者さんが安心を感じ笑顔でいて頂けるように、私たち職員も“優しい笑顔とチームワーク”でお互いに助け合いながら働きやすい職場を目指して頑張っています。

1病棟スタッフ

看護師13名、介護士8名、事務補助者1名

2病棟

病棟機能

回復期リハビリテーション病棟

病棟理念

患者さんが自分らしい生活を取り戻せるように、多職種によりチームで効果的なリハビ リテーションの提供に努め、早期の家庭復帰・社会復帰を支援します

主な支援活動内容

1)食事はなるべくベッドから起きて摂るようにし機能回復状況によっては食堂での食事摂取に向けて取り組みます。
2)洗面や歯磨きは自分自身で行うことを目標に取り組みます。
3)排泄はトイレでの排泄を目標に取り組みます。
4)入浴は週2回以上、可能な限り浴槽に入っていただくように取り組みます。
5)日中は普段着で過ごし、更衣は朝夕行えるように取り組みます。
6)病棟スタッフ、多職種と一緒に、患者さんとご家族を含めた相談会議を開催し、退院に向けての目標を共有し、不安の解消や退院支援に取り組みます。

2病棟スタッフ

22名(看護師長1名、副看護師長2名、主任看護師1名、看護師10名、准看護師1名、介護福祉士2名、介護士1名、看護助手2名、歯科衛生士1名、看護事務補助者1名)

3病棟

3病棟紹介

肺炎、心不全、消化器疾患、糖尿病などの内科疾患の方が主に入院している病棟です。安全、安心な看護を提供するために、看護師が2人でペアを組み、共同してケアをしています。
入院時は体調が悪いため、なかなか動けない方が多いのですが、できるだけ早期からリハビリを兼ねて動けるように支援させていただいています。高齢の方は筋力がすぐに落ちてしまいます。住み慣れた自宅へ早く帰れるように、治療とケアを充実させて頑張っています。
また、特に高齢の方が多いこの地域では、お互い支え合いながら生活していかなくてはならない現状があります。地域と連携し、ケアマネジャー等と話し合いを持ちながら、少しでも自宅へ帰ることへの不安がなくなるように取り組んでいます。何が困っているのか、支援は何が必要かを考え、より希望に添った環境が整えられるよう日々関わり合っています。

3病棟スタッフ

32名(看護師長1名、副看護師長2名、主任看護師2名、看護師21名、看護助手4名、看護事務補助2名)

5病棟

5病棟紹介

5病棟は、病床数38床、整形外科・小児科、内科の急性期病棟です。入院患者さんの平均年齢は76歳、0歳から100歳以上の患者さんが入院され整形手術件数は年間約200件行っています。今年度当病棟は、地域包括ケア病床開設に向け色々な取り組みを行う予定となっています。
スタッフは、専門性(看護管理者セカンドレベル1名・ファーストレベル1名、認知症看護認定看護師1名、大学院修了1名、ICLS2名、実習指導者2名、DMAT2名など)を高め日々の看護に役立てる為に多くの研修に参加し、やりがいを持って働いています。豊肥地域の中核病院の職員として、助産師資格を活かし豊後大野市・竹田市のパパママ教室に参加しています。また、災害拠点病院の職員として大災害を想定した災害対応訓練にも積極的に取り組み、スタッフ全員で信頼される心豊かな看護の提供に努力しています。

5病棟スタッフ

看護師23名、助産師1名、准看護師1名、介護福祉士1名、看護助手4名、看護事務補助者1名

6病棟

6病棟は外科・泌尿器科・内科の混合病棟で、予定の手術に加え、緊急手術や検査の多い病棟です。
私たちは、入院する皆さまに笑顔で丁寧な説明と看護を提供し、少しでも皆様に安心して入院生活を過ごしていただけるように努めています。病床は44床あり、そのうち12床は「地域包括ケア病床」です。「地域包括ケア病床」とは、急性期治療を経過し、病状が安定した患者さんに対して、在宅や介護施設への復帰に向けた医療や支援を行う病床です。6病棟では、在宅での療養に不安があり、もう少しの入院治療で在宅や介護施設へ復帰できる患者さんの為に、心身が回復するよう医師や看護師、病棟専従のリハビリテーション科のセラピストやソーシャルワーカー等が協力して治療・支援を行っています。また病棟専任の医療ソーシャルワーカーは、患者さんの退院支援、退院後のケアについて サポートさせていただきます。
6病棟スタッフ一同、治療が終わっても退院に不安を感じている患者さんやご家族の思いに寄り添い、退院後も安心して頂けるように努めてまいります。

手術室

手術室紹介

当院の手術室は、外科・整形外科・泌尿器科・眼科領域の手術に対応しています。手術室はクリーンルームを含む3室あり、平成30年度は591件の手術を行いました。
「手術を目的とする患者に安全・安心な医療を提供する」ことを基本方針として、多職種で構成された手術チームで相互支援しながら、安全・円滑に手術が行えるように努めています。また、手術予定の患者さんに対して術前・術後訪問を実施して、少しでも安心して手術に臨めるように心がけています。

手術室スタッフ

麻酔科医1名、看護師7名、看護業務補助者1名

外来

外来紹介

外来では1日の平均患者数が300人以上、救急外来患者数は1月500人以上で、救急車搬送台数は1月50台以上となっています。また、内視鏡件数は年間約1400件、外来化学療法も年間200件以上行っています。
現在、外来では高齢者が多いため多職種・他部署と連携を図り、相談や退院後の継続支援に取り組み、通院しやすい外来を目指しています。
何かありましたら、お近くの職員に声をかけてください。

外来スタッフ

看護師 21名、視能訓練士 2名、看護事務作業補助 3名でお待ちしております。

このページの最上部へ戻る
  • サイトマップ
  • お問合せ
  • 医療安全管理指針
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトのご利用について
  • 関連リンク
  • 大分県豊後大野市緒方町馬場「豊後大野市民病院」
  • 〒879-6692 大分県豊後大野市緒方町馬場276番地 電話番号 0974-42-3121(代表)FAX 0974-42-3078
豊後大野市民病院