大分県豊後大野市緒方町馬場「豊後大野市民病院」
大分県豊後大野市緒方町馬場「豊後大野市民病院」
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
豊後大野市民病院サイト内検索
〒879-6692 大分県豊後大野市緒方町馬場276番地 電話番号 0974-42-3121(代表)FAX 0974-42-3078

病院長(豊後大野市病院事業管理者兼任)あいさつ

豊後大野市病院事業管理者 兼 病院長 
木下 忠彦

地域の皆様には常日頃より市民病院へご協力、ご支援をいただき心より感謝申し上げます。

さて、近年は日本各地で自然災害が多く発生しています。災害はいつ、どこで起こるかはわからず、我々にとっても他人事ではありません。災害が発生した際に被害を最小限に抑えるためには、日頃より準備を整えておくことが肝要です。市民病院ではこれまで災害時対応マニュアルの作成、机上の訓練などの準備は行ってきましたが、平成30年の夏に全国の大規模広域災害を想定した訓練に豊肥地域の災害拠点病院として実地訓練に参加しました。日本各地の災害時派遣医療チーム(DMAT)が数多く、当病院を中心に活動し、当院へも多くの模擬患者が運ばれて来る訓練でした。このような実地訓練を多くの職員が経験することで、実際の災害時においても迅速な対応が期待できるものと考えています。今後は実地訓練を行政や地域の皆様と共に行い、さらに役立てるよう尽力したいと考えています。

一方、少子高齢化の進行による社会への影響は年々大きくなり、人手不足は過疎地域の問題だけでなく日本全国の問題となっています。国は労働環境・保育環境などを改善すること(働き方改革)で、離職を減らし、休職中の女性の力を活用することなどで労働力の確保を図るとともに、平成30年12月には外国人労働者の受け入れを進める策として、関連法を急遽改正したところです。医療・介護福祉の分野においても、あらゆる職種で人手不足は進んでおり、国は公の助け(公助)について、これ以上の上乗せは困難と考えているようです。これからは地域で住民をお互いに支えあう共助・自助が期待されています。市民病院は公立病院として、地域で医療・介護・福祉・生活を支える「地域包括ケアシステム」を豊肥地区でさらに充実できるように地域の皆さんと手を取り合い共に努力していきたいと考えています。

豊後大野民病院の使命は医療を通じて地域住民の生活を支えることですが、逆に市民病院は地域の皆さんによって支えられています。このことを肝に銘じ、今後も豊後大野市のみならず、竹田市も含めた豊肥地域の行政、医療機関、介護福祉施設とのコミュニケーションを図り、地域の皆さんに役立つ病院作りに職員一同、努力していきたいと考えています。

どうぞ宜しくお願い致します。

このページの最上部へ戻る
  • サイトマップ
  • お問合せ
  • 医療安全管理指針
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトのご利用について
  • 関連リンク
  • 大分県豊後大野市緒方町馬場「豊後大野市民病院」
  • 〒879-6692 大分県豊後大野市緒方町馬場276番地 電話番号 0974-42-3121(代表)FAX 0974-42-3078
豊後大野市民病院